竿のグリップは・何時も綺麗に No.3

私は昔から 巨べら釣り を嗜んでいるのだが

当時から拘っている部分が在る。

それは、愛用する「へら竿」のグリップを 汚さない と云う事。

閲覧され へら鮒釣り を楽しまれる方は分かると思いますが

利き手で「へら竿」を振る。そして、通常・利き手では無い反対側の手で「エサ」を付ける。

それは「利き手」だと、指先の感覚や力加減が反対側の手と違うのである。

その為、利き手では無い「反対側の手」で エサ を練り・エサのタッチ確認をし仕上げる。

と、私はそんな感じで今までやってきたのですが、勿論、私と違う方も沢山居ます。

それは「利き手」でエサを造り・練り・タッチ確認をし仕上げる。

別に悪い事では在りませんし、それをどうこう言うつもりも在りません ;^^

ただ、個人的に嫌なのが「利き手」でエサを扱うと「へら竿」のグリップが 汚れる ので在る。

釣り場で見た事が在るかと思いますが、とても個人的に「嫌」なので在る。

決して「グリップ」が汚れてないと「沢山釣れる」とかでは無いのですが ;^^

まぁ私の個人的見解で述べてますが、私とご意見が逆の方・ご勘弁下さいね~ !!

巨べら専用浮き – Mania

ブログランキングに参加してます!! 宜しければクリックして下さいね!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です